移動の楽しみと、食す楽しみ

太平洋側、日本海側を問わず、日本の海岸沿いには漁師町が点在しています。それらの町は観光客の誘致に積極的であることが多く、地元の美味しい魚介類を食べる施設がどの町にも沢山あります。 普段都心部に住んでいても当日にあがった魚介類を購入できますが、産地から運ぶ時間や調理までの時間で微妙に鮮度が落ちるものです。また、スーパーなどの場合は低価格を追求する傾向があり、最も良いものよりも安定した品質のものが好まれます。そのような事情から漁師町では、都心では食べられない魚介類に舌鼓を打つことができるでしょう。しかしながら交通の便が良くない地方も多く、車で訪れるのが時間効率の面からオススメですね。車窓を流れる海岸線の風景には感動モノです!

どこで食べても美味しい驚き

一般的に地域の名物は、それを提供するお店の腕で味のクオリティが異なります。通常はその地方の人気店に行くのがベターですが、魚介類そのものを味わう場合は例外で、市場に併設された食堂やロードサイドの飲食店など、どこのお店で食べても美味しく感じられます。本当に。 刺身にしても焼き魚にしても、調理の行程としてはシンプルなものです。もちろんシンプルな中に板前さんの腕が関係しますが、素材の良さで勝負できることから、煮込み料理などよりも旅行者の心を動かす味にすることが容易であると言えます。まさに海の幸ですね。 移動する時間を旅の楽しみにできる方は、のんびりと海岸線を辿る旅に大きな魅力を感じられるでしょう。出発時間も、到着時間も思いのままです。景色と魚介類があなたを待っています。